2009年12月15日

薬膳からみた雑穀

薬膳の世界でも、雑穀は登場します。
薬膳とは「体を健康に保つおいしい食事」のこと。

ここでは、薬膳からみた雑穀の効能をご紹介します。

○ハトムギ(よくいにん)
便秘、肌荒れ、利尿、いぼ、リウマチなどに効果的。
体を冷やす作用があるので、体に熱がこもる夏におすすめの食材。

○黒米
血液の浄化作用、妊産婦の回復にも。
アントシアニンにより視力改善、老化防止。

○緑豆
熱をとり、利尿、利水作用がある。
のどの渇きをいやし、解毒効果がある。
豆もやし、春雨の原料。
posted by 田中米穀店店長 at 09:23| 雑穀(全体)について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アミノ酸スコアとは?

アミノ酸スコアとは、食品中のたんぱく質の品質を評価するための
スコアです。
たんぱく質を体内で利用するには必要な必須アミノ酸がバランスよく
含まれている必要があり、それらが全て存在する場合にはスコアが
100点となります。
ですから100点に近いものほど良質な食品ということになります。

雑穀でアミノ酸スコアが100点は、そば米、ダッタンそば、
アマランサス。
ちなみに精白米のアミノ酸スコアは61点です。
posted by 田中米穀店店長 at 09:23| 穀物コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜ大麦は押し麦にするの?

大麦にはもち系とうるち系がありますが、もち系でもお米よりもっと硬く、うるち系はインディカ種並みの硬さです。

そこで、大麦の種皮を取り除いて精麦し、蒸気で加熱した後ローラーで押しつぶして乾燥したものが押し麦。
こうすることによってすぐに煮え、お米と一緒に炊けるようになりました。

近頃は米粒麦と言って、蒸した後押しつぶさず、スジにそって二つ割にしたものもあります。
米粒と同じような形と比重に加工してあるため、炊いた時米ともよく混ざり黒いスジもほとんど目立たないので、違和感がありません。
posted by 田中米穀店店長 at 09:22| 雑穀(全体)について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。