2011年03月25日

玄米、塩、味噌、海藻を是非食べて下さい

地震は新たな恐怖が日々拡大の一途を辿っています。
それは「放射能」

食べ物で放射能汚染を退治する。自分で今すぐ始められることです。
そしてあなたが始めることにより、家族全員の身を守ることができます。
『体はこうして癒される―自然治癒力を活かす知恵』(大塚晃志郎著 サンマーク文庫) から引用。


1945年8月9日、長崎に原爆が投下された。その爆心地から、たった1.8kmのところで、当時聖フランシスコ病院医長であった秋月辰一郎博士と病院関係者は全員被爆した。
 博士は焼けただれて痛がる人々に、「水を飲んではいかんぞ!」と大声でどなった。おそらく直観的に、血液の濃度を保ち、血液を水でうすめることなくガードしようとしたのだろう。((注)たしかに戦地で、傷の深い重傷の兵士に水を飲ませると、すぐに死んでしまうという記録がある)
 さらに博士は、次のように職員に命令したという。


「爆弾をうけた人には塩がいい。玄米飯にうんと塩をつけてにぎるんだ。塩からい味噌汁をつくって毎日食べさせろ。そして、甘いものを避けろ。砂糖は絶対にいかんぞ」(秋月辰一郎著「死の同心円−長崎被爆医師の記録」講談社刊・絶版)

「放射線宿酔」と呼ばれる。レントゲンを受けたあとに起こることがある全身の倦怠や筒宇などの症状には、体験上、生理食塩水より少し多めの塩分を含んだ水を飲むとよいということをとっさに思い出し、原爆の放射能から体をガードするには、塩が有効であることを推理したのだ。みそ汁の具は、カボチャであった。のちにわかめのみそ汁も多くとったらしい。砂糖を禁じたのは、砂糖は造血細胞に対する毒素であり、塩のナトリウムイオンは造血細胞に活力を与えるという、彼自身の食養医学によってである。
 すると、どうであろう。そのとき患者の救助にあたったスタッフらに、原爆症の症状が出なかったのである。ふつうなら、しだいに原爆症の症状が出て、進行してしまうところなのに、彼らはそれからのち、ずっと現実に生き延びているのである。
 このことは、私にとって大きなショックであった。食というものによる、見かけからはなかなかわからない「体質的な強さ」というものの思い価値を知り驚嘆した。ちょっとした体質のガードが、明らかに生と死を分けているからである


玄米ご飯に海藻の入ったお味噌汁。
何も特別なものではありませんよね。
近頃玄米を購入される方が多いのは、きっとこの情報を知っていらっしゃる方です。
是非あなたの愛する方にもこのことを教えていただき、実践してほしいと願っています。

ちなみに当店が扱っている玄米
長崎こしひかり玄米3kg、合鴨無洗米玄米1kg、発芽玄米、日本の棚田百選の地千々石町棚田米30kg、長崎こしひかり玄米30kgなどを取りそろえております。
posted by 田中米穀店店長 at 15:44| 食生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

朝ごはんの必要性(体と脳と心編)

朝ごはんは体だけでなく、脳にもエネルギーを補給する役割があります。
寝ている時も体や脳はエネルギーを消費しています。
ですから、朝起きるとエネルギー不足状態。

それなのに朝ごはんを抜くと、前日の夕食から15時間以上も食事をしないということになります。
その間の脳はエネルギー不足で、集中力や記憶力が低下しぼんやりしてしまいます。
体も栄養不足や空腹でイライラしやすくなったり、眠い、だるいなどの症状が出てきます。

朝からしっかり活動するためには、朝ご飯が欠かせないということになるわけです。
posted by 田中米穀店店長 at 14:18| 食生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝ごはんの必要性(体温編)

朝ごはんは、寝ている時に下がっている体温を上げ、一日の活動がスムーズに行く為の役割もあります。

人間が活動的なのは、体温が少し高い時だと言われています。

朝ごはんを食べると、体と脳に栄養分が行きわたり次第に体温が上昇。
体に活動スイッチが入るのです。

では、朝ごはんを食べないとどうなるのでしょう?
なかなか体温が上がらずボーっとしたり、体温が上がってもまた途中で下がったりと不安定になり、活動スイッチが入りません。

taion.gif

朝ごはん大切ですね。
posted by 田中米穀店店長 at 14:07| 食生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。