2011年04月25日

食は運命を左右する 水野南北 食は運命を左右する

「食は運命を左右する」水野南北

実にズシリと来る言葉です。
その人の食生活を聞くと、運、不運がぴたりと合致したというから驚きです。

食は一日のうちでも楽しみの一つですから、街じゅうにあふれている素敵で、オシャレで、手軽、はたまたリッチ、そしてメディア等でホットなものに心ひかれるのは誰もが経験済みだと思います。

若い時は特にそれは顕著で、私もそうでした。
しかし、その付けは必ず体調不良、病気となってジワジワとまたはある日ズシンとやってきました。
そして感じたことなのですが、良くなる時もジワジワとそしてある日からサッと不調が出るということ。
そんなことを経験してから、日々の食を大切に思わざるを得なくなりました。

今この文章を読んで下さっている方で、体調がすぐれないという方へ。
「食事によって何歳になっても今より体調が良くなるということはあるんだな」と私は確かに実感しました。
ですから自分と向き合って、日々の食事を考えてみてください。

ちなみに私は、肉を減らし、魚を食べ、なるべく新鮮なものを使って薄味で素材を楽しむ。
ご飯は雑穀、玄米、豆などを入れて変化をつける。
季節の野菜、薬草を毎日食べる。
甘いものをあまり食べず、夕食は3食の中でも一番食べる量を少なくする。
このような感じで実践しています。
posted by 田中米穀店店長 at 12:42| 食生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑穀を食べるとどういう風にいいの?

「雑穀を食べているけれど、結局何がどういいの?」そんな質問をいただくことがあります。

ズバリそれは「不足しがちなミネラルや食物繊維を主食で手軽にとれること」だと思います。

色々なおかずを作らなくても、白米に混ぜるだけで、様々な栄養素がご飯からとれるって画期的なアイデアですよね。
ブレンド雑穀だと、日々まんべんなく採れますし、単品の雑穀は自分が不足している栄養素を短期間で効率的にとることができます。

例えば
便秘気味→押麦
貧血気味→もちあわ

さらに
血管をしなやかにしたい→そば米
肌をきれいにしたい→はと麦
など体の改善をめざす使い方をされていらっしゃる方も多いです。

ちなみに私(店長)は、家族や自分の体の状態、そして季節によっても好みで色々入れています。
例えば昨日は
お昼外食だったので、夜は押麦+緑米+もちきびにして“血液や腸をきれいにする”ことを意識した雑穀ご飯にしました。
皆さんも色々な雑穀を試してみてくださいね。

田中米穀店の国産雑穀一覧ページへ
posted by 田中米穀店店長 at 12:05| 雑穀(全体)について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ご飯とみそ汁は栄養学的にも相性◎

ご飯とみそ汁。
室町時代から一般庶民に広がり、受け継がれてきた日本食の基本。

それは塩分のある汁ものと主食の淡白なごはんという味の面でベストマッチというだけでなく、栄養学的にも相性の良いベストパートナーなんです。

その1
米に不足している「リジン」味噌汁に不足している「メチオニン」をお互いが補い、総合的にアミノ酸バランスを良くすることができ、たいないで有効に利用されることができる。

その2
ごはんとみそ汁で人間にとって必要最低限の栄養素が手軽にとれる。
ごはん→炭水化物、蛋白質
味噌汁→蛋白質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維
この時重要なのは、味噌そのものよりも味噌汁の具。
わかめ、厚揚げ、野菜など色々な種類の食品を入れれば入れるほど、栄養価が高まります。

その3
ダイエット、肥満予防に役立つ
ご飯とみそ汁はボリュームがありますが、どちらも水分量が多いのでカロリーは低い。
お肉や揚げものなどカロリーの高いものがメインの時は特に先に食べるように心がけると食べ過ぎることがありません。

「ご飯とみそ汁」はおいしくて、栄養学的にも◎、外食が多い方も是非ご飯の時にはお味噌汁を飲んでくださいね。
posted by 田中米穀店店長 at 11:43| 日本食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。