2012年01月17日

朝食にご飯を食べるとテストの成績が良い?

文部科学省が行った「平成19年度全国・学力・学習状況調査」で朝食を毎日食べる児童生徒の方が、テストの正答率が高い傾向にあるという結果が出ました。

例えば小学校国語(知識に関する問題)で朝食摂取派の正答率は82.8%に対し、全く食べない派は68.9%!
大きな開きがあって驚きです。

特に米飯は粒なので原料が粉になっているパンや麺と違って腹もちがよく、給食の時間まで集中して勉強や体育ができます。

子供に限らず、大人も朝食を食べると脳のスイッチが入って仕事もはかどるというわけですよね。
できれば、ごはんとお味噌汁で一日のスタートを切りたいですね。
posted by 田中米穀店店長 at 09:58| 白米について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。