2012年04月01日

チャーハンや雑炊に冷たいご飯がダメな訳

家では、余ったご飯でチャーハンや雑炊を作ることが圧倒的に多いかと思います。
つい時間がないからと、冷やご飯のまま鍋に入れてダマになってしまったという経験もあることと思います。

これは、冷たいご飯を入れると、一気に鍋の温度が下がり、そこでご飯をかき混ぜていてもほぐれず、べたついてだまになるという結果になります。

ちょっとめんどうでも必ずご飯は温め直してから使うようにしましょう。
posted by 田中米穀店店長 at 12:09| 料理に関すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

炊いたご飯、その後どうする?

炊飯器についている「保温機能」
保温する温度は各メーカーによって違いますが、だいたい70度前後だと言われています。
お米にとっては、弱火で加熱し続けられている状態。

食感は徐々にパサつきコシガなくなってきます。
見た目的には黄ばみが生じ、独特の保温臭も出てきます。
これは熱により、化学反応(アミノカルボニル反応)が進むため。
さらに気温が高くなってくると、細菌が発生する危険性も出てきます。

このような理由で、なるべく保温にするのは避け、食べる時に温めるのがベターでしょう。
posted by 田中米穀店店長 at 12:02| 食生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。