2009年06月26日

古くなった無洗米の研ぎ方

無洗米は白米とは違い、米粒の表面にヌカなどが全くない、
「丸裸」のような状態なので、研ぐことはできないと
考えてください。

それでも時間が経ってしまった時に「無洗米も米だから研げるはず」
と普通の白米の感覚で果敢に挑戦する方も多いのですが、それによって
ボロボロと砕けて上手に炊くことができず、炊きあがりもベタベタに
なってしまい、いよいよ捨てなければと思うことでしょう。

でも待ってください。
現在のところ1つだけ方法があります。

それは計量した無洗米をボウルに入れて水を一切使わずに、
ソフトボールを握ったような形に指を広げ、一定のリズムと
スピードで、米粒どうしの摩擦だけで表面を軽く30回程度
かき回します。
その後水を入れて軽くかき混ぜると濁り水が出てくるので2回
すすぎをし、無洗米の水加減に設定してから炊いてください。

買ってきた直後の美味しさには戻せませんが、食欲がなくなる
古びた臭いはなくすことができます。

無洗米は1〜2週間程度で食べきれるだけの量を購入しましょう。
posted by 田中米穀店店長 at 08:35| 穀物  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。