2009年08月07日

雑穀〜そば米〜

そば米は、白米に比べてタンパク質含有量が多いだけでなく、アミノ酸スコアも非常に高く、ミネラル、ビタミンも程良く含んだ、栄養バランスの良い穀物です。

機能面では、そばに含まれている血管を強くする「ルチン」というポリフェノールが、高血圧の防止に効果を発揮します。
ルチンは血管補強材、毛細血管性止血剤としての医薬品。
高血圧、動脈硬化、脳梗塞、狭心症、心悸亢進(動悸)、慢性胃腸出血、腎臓浮腫、糖尿病などの治療に使われています。
毛細血管が弱い人や血圧が高めな人は、そばを食べるといいですね。

栽培面では、そばは非常に成長の早い植物で、種まきから収穫まで、3ヶ月ぐらいです。
沖縄と北海道北部を除いて日本各地で栽培が可能です。
5〜6月頃種を蒔くと比較的短期間で開花し、高温下でも実がつく特徴を持っています。

そば米はご飯に混ぜて食べるのはもちろん、すぐに煮え、くせや臭いもないので、ひき肉のような感覚でハンバーグ、餃子、そぼろなどに使えます。
醤油味の汁物にも相性抜群ですので、ぜひ試してみてください。


posted by 田中米穀店店長 at 14:50| 雑穀(全体)について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。