2013年11月16日

ご飯を炊くということは、実は難しい加熱法

炊飯とは、米を水で煮るということ。
ただ、煮えればよいのではなく、煮あがった時には余分な水分がなく、米粒には充分に水が吸い込まれている状態。

実際に加熱する時間は20分程度で短く、吸水と蒸らしの方が時間は長くて大切な役割を果たしています。

今はスイッチ一つでご飯が炊きあがりますが、羽釜で炊くときは、火加減を細かく調節することができるので、今でもそちらの方がご飯の味はおいしいと言われています。
posted by 田中米穀店店長 at 23:02| 白米について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。