2009年12月15日

発芽玄米の意外な効果

発芽玄米が健康に良いことは、ここにぎっしり書いても書き足りないくらいなのですが、他にも嬉しい効果がたくさんあるんです。

○お酒を飲む前に発芽玄米を食べておくと、普段より1〜2時間も早く
アルコールを分解できます。

○妊娠中に食べるとミネラル効果で精神が安定し穏やかな日々をおくることができるでしょう。
また、カルシウムも豊富なので虫歯予防になりますし、胎児にもミネラルがゆき渡ります。

○発芽玄米には、白米の約1.8倍の鉄分が含まれています。
しかも玄米に含まれる鉄よりも吸収率が良いので、貧血の予防・改善に役立ちます。
posted by 田中米穀店店長 at 09:11| 発芽玄米について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やせたい!でも食べたい!!そんなあなたに☆

正月太りに効くダイエット教えて下さい!米屋の私が自信をもっておすすめするのは「発芽玄米ダイエット」
発芽玄米を食べると体の余分なあぶらや体内毒素、過剰摂取した
カロリーも自然に排出されるんです。

ルールは一つ、週に2.3回は「発芽玄米を食べること」それだけです。
それによって、体が軽くなり、贅肉のないスリムな体型に生まれ変わり
ますよ!!

食べる量を減らしたり、大好きなおやつを我慢したり、運動をしたり
お酒をがまんする必要は一切なし。

発芽玄米を食べる以外は何もしないでくださいね。
posted by 田中米穀店店長 at 09:10| 発芽玄米について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発芽玄米でほっそり脚を手に入れる!

脚がむくむ最大の原因は体の中に塩分が多すぎるから。

そこで発芽玄米に含まれるカリウムが大活躍。
カリウムは体内の塩分を調節するミネラルですが、発芽玄米には
白米の2〜3倍も多く含まれているんです。

おいしい発芽玄米ご飯を今から食べれば、春には“ほっそり脚”を
手に入れることができますよ♪
posted by 田中米穀店店長 at 09:10| 発芽玄米について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発芽玄米で集中力、記憶力アップ


発芽玄米に含まれる“ギャバ”は体内で脳の記憶機能をつかさどる“海馬”という部分に多く存在しています。

毎日発芽玄米を食べることによって、記憶力が衰えるのを防ぐことができます。
勉強や、仕事の能率アップはもちろん、このところ物忘れが多いという方にもおすすめです。

子供から働き盛りのお父さん、ご年輩の方まで食べて頂きたいご飯です。
posted by 田中米穀店店長 at 09:09| 発芽玄米について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発芽玄米で花粉症、アトピーがラクになる

発芽玄米には花粉症やアトピーなどアレルギー症状をラクにする効果があります。

そもそもアレルギー症状は特定の酵素で引き起こされますが、発芽玄米には
酵素の活動を抑える働きがあるのです。

2005年末から2006年にかけて行われた首都圏8都県市によるアンケートでは、花粉症と診断されている人が21%、自覚症状からそう思うという人が19%、すなわち花粉症患者は40%という数値が出されています。

毎日の食べ物で、アレルギーを抑えることができれば、化学薬品の副作用も心配もなくなりますよね。
今年は病院に行く前に「発芽玄米」を試してみませんか?
posted by 田中米穀店店長 at 09:08| 発芽玄米について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

ギャバと発芽玄米

ギャバ(正式名称は「ガンマ−アミノ酪酸」)
英語のGamma-Amino Butyric Acidの頭文字を取り、一般にGABA(ギャバ)と略称されています。
私たち哺乳動物の脳や脊髄に存在する「抑制系の神経伝達物質」のこと。

ギャバは体内で主に抑制系の神経伝達物質として脳内の血流を活発にし、酸素供給量を増やしたり、脳細胞の代謝機能を高めるはたらきがあることがわかっています。
しかし年齢と共に分泌されるギャバは減少していくため、ギャバを摂ることで、全体の健康に役立つと考えられています。

ギャバを摂ることによって、期待できる効果は多彩です。
■血圧を下げる
■中性脂肪を抑える
■肝臓・腎臓のはたらきを高める
■精神安定化・神経を鎮める
■アルツハイマー型痴呆症の予防・改善
■学習能力増強

そのギャバをが豊富な発芽玄米が人気を呼んでいます。
玄米が発芽するときにグルタミン酸からギャバが生成されます。その含量はもとの玄米に含まれている量の3-5倍にも増加します。

しかも玄米中では吸収されにくかった、鉄、カルシウム、マグネシウム、亜鉛などのミネラル類の吸収も良くなります、アミノ酸は旨み成分へ、デンプンは甘味成分へと変化します。
こんないいことづくめの発芽玄米食べないわけにはいきませんよね。
posted by 田中米穀店店長 at 18:01| 発芽玄米について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

発芽玄米とは

発芽玄米とは

玄米を水の中でひたし、芽を小さく出させて低温で維持させたものです。
栄養価は玄米とほとんどかわりませんが、玄米が発芽するときにお米のエネルギーがもっとも高まり、玄米のもつ栄養が体に吸収しやすくなります。
また、発芽するときに酵素の働きで外側の硬いぬかを柔らかくしてしまいます。
だから炊き方も普通のごはんと一緒良いので使いやすいと人気です。

食べやすく消化吸収もよい発芽玄米、小さい子供さんからお年寄りまで安心していただけるところが魅力です。
posted by 田中米穀店店長 at 07:41| 発芽玄米について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。