2013年11月14日

結局雑穀って何に良いの?

雑穀は、白米を充分に食べることができず、増量の為に入れていた貧しいイメージから、美容健康に作用する穀物へと変わってきています。
しかし、続けて食べることで一体どのような効果があるのか、イマイチわからないという方も多いかと思います。
今日はそんな素朴な質問にお答えしたいと思います(^^)

まず、こちらの円グラフをご覧ください。
キャプチャ.GIF
長寿村と言われた山梨県棡原村の主食の変化のグラフです。
1955年、主食が芋と雑穀の頃、炭水化物の他にも主食でビタミン、ミネラル、食物繊維がかなり取れています。
しかし1980年になると今の私たちの主食とほぼ同じ白米とパン。
これでは、お腹がいっぱいにはなっているけれど、肝心な栄養がビックリするほどとれていませんよね。
そこで雑穀の登場なんですね!

こちらは、白米と主要な雑穀の成分の比較を表にしてみました。
seibun.gif
エネルギーは、どれも横に見ていくと、ほとんど変わらないと思いますが、その他のビタミン、ミネラル、食物繊維はどの雑穀も白米より数値が上なんです。

洗ったご飯に毎日雑穀をサッと入れるだけで、普段取りにくい栄養素を主食でとれる手軽さ、食品なので体への吸収も無理なく取り込めて雑穀っていいなと本当に思います。

雑穀は、それぞれ効能や効果が違っていて、ブレンド雑穀は毎日の健康維持に役に立つと思います。
また、体に何か不調があって、早く効果的に改善したいという方は単品の雑穀を購入される方も多いです。
ちなみに私も単品の雑穀を数種類台所に常備。
その日の気温や家族の体調を見て、好きにブレンドをしています。

皆さんも、主食をもっと楽しんで欲しいなと思うこの頃です。
posted by 田中米穀店店長 at 13:34| 雑穀(全体)について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月09日

茶碗1杯分のご飯は稲の何株分?

茶碗1杯中盛りのご飯は約150g(精米約65g)
品種や炊飯の仕方によっても変わってきますが、ご飯粒を数えてみると約3,000〜3,500粒です。
これは田んぼの稲の約3株分となります。
posted by 田中米穀店店長 at 09:04| 白米について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月27日

稲の田んぼに連作障害が出ないのはなぜだろう?

連作障害、野菜などを育てたことがある方はわかるかと思いますが、特にナス科の植物などを毎年同じ畑に植えると育ちが悪くなったり、特有の病原菌が増えたりしますよね。
しかし稲が連作できるのはどうしてなんでしょうか?
それは、田んぼには水が張ってあるというのが一番の特徴なんです。
川が用水から入ってくる水には養分が含まれていますし、田んぼに溜まった稲に有害な物質は流し出されるという風に循環しているから。
さらに、水をせき止めてためた状態にすると、土の中の微生物が酸素を食べてしまい土の中は酸欠状態になります。
そうなってくると酸性だった土が中性に近くなり、酸素が必要な有害微生物が死滅し、雑草も育ちにくくなります。
その後、土の中にある有機物(稲わら)などの分解がゆっくりと進み、稲の生育に良質の環境がととのってきます。
さらに、夏の暑さにも水を張ることで守られています。

posted by 田中米穀店店長 at 18:01| 栽培について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。